サプリメント ダイエット サプリメント dhc サプリメントなど健康食品とアメリカのサプリメント事情

FrontPage

日本とアメリカでは

サプリメント=健康維持と考えられています。手軽に手に入りますが日本と公的保険制度のないアメリカとではどのように考えられているのでしょうか

アメリカの場合

  • 米国では健康維持と体を作る必需品になっているサプリメント、米国には国家の健康保健制度がありません。多くの健康保険に加入していない人々がおります。
  • 理由は民間の保険に加入するには大変高額の保険料を支払わなければならない、ことが挙げられます。
  • そして、健康保険に加入していない人が病気を患って、病院に行ったとき、日本の約10倍以上の治療処置の経費を払わなければなりません。
  • したがって、予防的な見解から健康について考えるとき、自己治療の考え方が主流です、米国の大部分の人は健康を害する前の処置として、通常、サプリメント補助食品を使います。
supplements-woman
  • サプリメント関連通販カタログ
@@@美容からダイエット、お探しのサプリメントならここで探せます!総合カタログ@@@

日本の場合

サプリメントの使用は日本でも重要性が高まっています。それはなぜ?

高齢化と医療費

  • 日本においても、急速に進む高齢化社会と高度な医療技術で、病気になった場合、高額な医療費の負担。
  • 病気になった場合、高い医療費を支払っている一方、近年は食生活習慣はますます欧米化し、エネルギーや動物性脂肪は過多で、摂取過剰である。
  • そのため、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は不足している、という栄養状態の人が多く、その影響で生活習慣病が急増しています。
  • そのため「自己治療」を真剣に考える時代になってきていると言えます。
  • 最近のサプリメントの種類
    • にきび サプリメント、育毛 サプリメント、ダイエット サプリメント、美肌 サプリメント美白 サプリメントなどなど

自己治療とは

  • 自己治療とは、一言でいえば「自分の健康は自分自身で守る」と言うことになります。
  • 当然ながら、病気なったら自分で自分の病気を治癒させる。と言ったことではなく、「そうならないように病気になる前から健康を維持します」言うことです。
  • この意識が上がるならば、疾病と医療費が減少することにつながります、しかし、健康な状態の時にはそれほど病気について考えないえらいことが多く、病気になって、健康に気が付くことが多いのではないでしょうか。

自己治療のために!

  • TV・雑誌などで健康に関する情報は十分吸収することが出来る。
  • 自分の健康を維持するために必要な栄養素 生活習慣とは何かを考えること

サプリメント使用の日米の実情

米国の場合

  • 国の保険制度がない米国では、サプリメントは自分自身を病気から守る「予防医療」の一環として、ほとんど健康維持の理由で使用されている。
  • 数年前、すでにアメリカでは、サプリメント利用率が成人の60%を超えていました。近いうちに70%を超えるのでは?という予想もあります。
  • 米国民としては言うまでもなく、正しい認識であり、国民全体がそうした正確な情報を持ち得ている。アメリカは国全体が非常に積極的である。
  • また、アメリカでは、クリントン前大統領が、任期中に栄養補助食品健康教育法(DSHEA法)に署名しています。
  • 理由は「国民の関心が、食事がライフスタイルや寿命に与える影響に高まっている。政府がサプリメントへの対応を、健康増進のために改めることは時流にかなうものだ」 こう述べている。こうした取り組みが米国のサプリメントが優れている理由だろう

日本の場合

  • サプリメントに対して日本はまだ消極的で、かつ、また保守的です。
  • その背景には、米国と日本では健康保険制度の異なる「国の体制・姿勢」があるからでしょう。
  • 日本では一般消費者には本物とニセモノの区別がつきにくい商品を販売する、悪質な業者も依然として多く存在しているのも事実です。

サプリメントの製造

アメリカでは

米国の大手サプリメントメーカーはユタ(Utah)州に多い。それら会社の企業理念とは。

  • なぜユタ州に多いのか?製品を製造する上で重要な湿度が関係している、1年間を通して湿度が低く、製造過程で製造に影響を及ぼす、余分な水分が含まれにくいので、安定した製品ができるからだ。
  • 例を挙げると、「Natures way社」では、Utah州に工場を持つ大手メーカーで「消費者から製品の評価を得るためには、製品の効能や安全性を科学的に証明するのが大切」という基本理念のもと、臨床試験の結果などを積極的に公開している。
  • この「Natures way社」のような企業努力が、われわれ消費者へのアピールにつながっていることは言うまでもありませんが、ここで重要なことは、同社が製品に対して、それだけ自信を持って製造・販売いるということにほかならない。
  • 米国ではいい加減では生き残れない、とも言えるでしょう。それだけの競争力を備えた製品でなければ、米国のサプリメント消費者の信用を勝ち得ないと言うことにもなります。
  • 消費者の多くは、「情報の開示が認められたため、自分の目で正しいものを見極め、自分の健康のために利用する」そういう賢さを持っています。製造会社の企業としての賢さもあると思います。
  • だから、Qualityの低い商品や粗悪品は、当然ながら消費者にそっぽをむかれ、市場から淘汰されていくことになります。
  • 今、米国の市場には、製品に対する好循環が生まれています。いい製品を作り、いい評価を受ける、信用を得る。米国には国施策がバックボーンとしてあるからこそ、米国のサプリメントは世界で最も優れていると言われている。

日本では

日本にも健康食品を作る会社は最近、いろいろあるようです。
企業倫理と自由競争の基本を守りぜひ、いい製品を提供してほしいものです。米国には国施策がバックボーンとしてあるからこそ、米国のサプリメントは世界で最も優れていると言われている。

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional